【要注意!!】ayamaya(アヤマヤ)テントを使った結果…

こんにちは。キャンプ初心者夫婦です😄

今回、私達夫婦が購入したayamaya(アヤマヤ)テントを使った感想と商品の紹介をしたいと思います。

商品の紹介です。

・投げるだけで組み立て可能。撤収時間は約3分
・大人4〜6人が入れる広々とした空間
・1人でも持ち運びができる、コンパクトな軽量モデル。
・安心の耐水圧3,000mmで本格キャンプに使用可能
・1年間の長期製品保証で安心
・260センチ(横)✕380センチ(奥行き)✕130センチ(高さ)

強い雨に耐えるとされている耐水圧1500mmの2倍、3,000mmの耐水圧でもしもの場合も安心です。

テントを広げるときには、まさかの数秒で設営ができるというマジックを目の当たりにします。炎天下、テントの設営はかなりの疲労を容赦なく与えるのでこれだけでテント設営できるかと思うと気持ち的には本当に楽ですよ。

実際にテントを自宅で設営してみたり、収納してみたりしましたが初心者向けでとても簡単だと感じました。キャンプ場へ行くと他の方が大きなテントを設営されていましたが、うちは、約1分で設営、目の前の方は来られて約1時間弱ほどかかっていました😅

又、サイドのメッシュ窓4つが快適に換気をしてくれます。

見た目もグレートグリーンの2色でとてもおしゃれで、小さいかと感じますが、実は中に入ると広々として寝心地も良いですよ。

広告

※他のテントと比較すると高さがない分、窮屈感はあるかもしれません。

みんなでごろ寝をしてみましたよ。長男が写真を撮ってくれましたが、大人2人、小学生3人で寝てもとっても広々で寝心地も良いです!!手前の白いボックスは保冷ボックスです。テント入り口に置いておくとのどかわいた〜の時にさっと取り出せてとても便利でしたよ。

広告

ですが、このとき、すでに事件は起こっていたのです。

実は、今回テントを建てるのが2回目なんですが、この日テントを建てると骨組みが2箇所壊れていたのです。。。

買ったばかりだし、先日テントを収める時にやってしまったのだとすぐに気づきました。

本来、テントの収納のやり方はこちらです。

動画を見ながらテントを収納したのですが、図の⑦と⑧の所で力任せにやってしまったこともあり、めきっ!といってしまったのでしょう。収納時には気づきませんでしたが二回目の設営でテントの破損に気づき肩を落としました

天気が良いときには少々のテントの破損も関係ないでしょうが、悪天候や次に使用する時に万が一開かない!なんてことがあればいけないと思い、泣く泣く2回目の収納を終えて、次のキャンプに備えて新たなテントの購入を検討しました。

広告

テント選びで失敗しないために以下の事を考えました。

・シンプルな構造で初心者でも建てやすい

・基本的にコンパクトなのでサイトがスッキリまとまる

まずは基本中の基本「ドーム型テント」。多くはクロスポールで立ち上げるシンプル構造のため設営しやすく、初心者中心にファンの多いテントです。

※中に入ると背の高い方にとっては若干窮屈な場合もあるかもしれません。また、大人数となるとほぼ寝室としての仕様がメインになり、リビングスペースはタープで作ることになることもあります。

テントはキャンプを代表するグッズです。自分にあったテントで快適かつ楽しいキャンプにするため、しっかりと下調べは必要です。

最新情報をチェックしよう!